素朴な疑問

カレールーを買った時に、疑問に思った事が…。

 

甘口を買わなきゃだから、赤い箱、赤い箱。
ん?そう言えば、なぜ赤い箱?

そう、どのメーカーでも色が統一されているのだ。
甘口は赤い箱、中辛は緑、辛口は青。物によっては、ゴールドのパッケージもあるが辛さが書いてある部分の色は同じだ。

ラーメンもそうだ。
味噌がオレンジ、?油が赤、塩は青。

分かりやすくていいのだが、不思議に思う。誰が決めたんだろうか。いつから?

気になったらGoogleだ。しかし、答えは得られなかった。
誰も、疑問に思わないのだろうか。

海外でもやっぱり、色は統一されているのだろうか。

気になって仕方ない。

シャダイブラック
父 リアルシャダイ 母 ブラックミッド
母父 ブラックタイタフェア(Black Tie Affair)
母の母 ミッドナイトアールティ(アンティックヴァリュー)

開始13年目に距離適性があり、種牡馬でアウトブリードと面白配合が持たせる為、配合させて翌年産まれたのがこの牝馬。ベスト体重約438Kg。本賞金3億6050万円。総賞金7億2010万円。美浦秋野厩舎(秋山+浅原)所属。生涯成績17戦17勝。デビュー戦は4歳(現3歳)1月1週の未勝利戦となったデビュー戦から無敗で引退した成績を残す。全姉にジョテイヨンセイがいるが、幾らアウトブリードとはいえ、キンツェムや、60戦60勝の記録を出したジョテイサンセイ(父がノーザンテースト、母がコーイヌール(Korveya)、母父がリヴァーマン(Riverman))に挑戦させ、健康面でCであるこの健康面でも挑戦させたが、使いすぎて燃え尽きてしまった事を考え、じっくり勝てる様にとの事からおまかせ厩舎に預け、デビュー戦もあえて4歳(現3歳)の未勝利戦からにする。その為、大きな成績も出せずG1は勝つ以前に出走さえもさせられないという事になる。そうこうしているうちに9歳(現8歳)になり、最早出走は無理と判断し、開始22年1月1週で引退する。勝鞍は府中牝馬S2勝、東海ウィンターS、マイラーズC、札幌記念、エプソムC、ステイヤーズS、タイムズ杯、北九州記念、目黒記念、日経賞、平安S、ラジオたんぱ賞、すみれS、共同通信杯4歳S 、呉竹賞。主戦騎手中縦(中舘英二)が全レースで乗ってくれた。乗り換えのなかった11頭目の馬である。繁殖牝馬として1億8200万円で買い手がついたので売却する。

http://hire-html5-developer.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA